自分でできる!カナダビザ申請の流れが丸分かりの安心オンラインサポート

自分でできる!カナダビザ申請の流れが丸分かりの安心オンラインサポート

オンラインサポートを申し込む

604-558-3223 (Ext. 802)

BLOG

2017年8月9日

結婚もしくはコモンローによる配偶者呼び寄せビザで永住権取得の成功率を上げる!

「彼ともうすぐ結婚(または一緒に住んで一年になる)なのですが、永住権申請をしたいです」というお問い合わせを本当によくいただきます。特に日本人女性+カナダ人の組み合わせが多いですね。

例えば結婚証明書と、記入した申請用紙を提出したからと言って、永住権が取れるわけではありません。日本人にはほとんどないですが、結婚移民プログラムを悪用してカナダの永住権を取ろうとする結婚を便宜のために使うカップルや、結婚詐欺にひっかかってしまうカナダ人もいて移民局からは注意喚起がされています。こういった結婚を悪用したケースを防ぐため、2人の間が真実のものであることを確立する書類を入れることが不可欠です。きちんとした書類が確認されない場合には、調査が入ったり面接になる場合もあります。

コモンローとは、結婚はしていないが結婚しているカップルと同じような関係であり、一年間以上一緒に住んでいる異性もしくは同性のパートナーのことを言います。一般的に、コモンロー関係のほうが結婚の時よりも多くの書類を必要とします。

ではどういった関係が本物とみなされるのでしょうか。カナダ移民局は次のように定めています。

  • 肉体的および感情的なつながりがあること
  • 排他的関係であること
  • 共同生活を共にするためのお互いが継続的にコミットをしていること
  • 感情的および財政的に相互依存していること

真実の関係を示すためにどういった書類を集めればよいかの例はこちらから → https://55a.info/contents/immigration/canada/imm/partner.html

一般的な書類の他に、間違いやすいところをカバーし、成功率を上げるために気を付けたい点をご紹介します。

  • 移民局からの書類リストにある書類しか提出するのでなく、これも補強になりそうと思う書類があったら書類リストに載っていなくても提出しよう。
  • 2人のことを知る家族・親しい友達からのサポートレターを入れる
  • 2人が出会った時から関係が発展し、今に至るまでの2ページくらいのストーリーを入れる
  • 一緒の写真を撮ろう!(彼が恥ずかしがり屋だから写真があまりないんです、、ではせっかくの申請を補強できません。申請には20枚までの写真を入れることができます。私が無事永住権を取って一緒に長く住むために写真を撮ろうよと促して、できるだけ違う場所、違う日にち、違う人たち(家族や親しい仲間など)の写真を撮って申請に入れましょう。移民局に提出する写真には日にち、どこで誰と映っているかを記載しましょう。)
  • スポインサーが税金を納めていること。結婚・コモンロー申請では収入額は問われませんが、税金を納めていることを示す書類の提出を提出しなければなりません。
  • スポンサーの収入が少ない場合には、2人で生活していけることを示す書類を提出しよう。(カナダの生活保護を受けなくても大丈夫、ということを示すために。)
  • 遠距恋愛だった時日本とカナダを行き来した航空券やEチケット
  • 婚約・結婚指輪があれば、購入を証明できるもの。(書類に名前が入っていればいいですね。)
  • 移民局が出している最新版の申請用紙を提出しよう(提出前に最新版に記入できているか確認。)
  • 書類すべてのつじつまが一貫していること。
  • 子供がいたら必ず情報を開示しよう。
  • 2枚のうちの証明写真の一枚の裏には、名前、生年月日、写真を撮った場所の名前と住所、写真を撮った日にちの情報を必ず記入。(これが記載されていないとせっかく送った書類が返却されてしまいます。)

弊社ではご自身が作成した書類を見直し、改善点をアドバイスし、成功率を上げるお手伝いもしています。

書類を完全な形で移民局に出すことで、書類不足で返却されて時間をロスしたり、却下になる可能性を低くします。

結婚もしくはコモンローによる配偶者呼び寄せビザで不安なことがあればお気軽にお問い合わせください!

お客様1,000人以上のビザ申請をお手伝いしてきた、カナダ政府公認移民コンサルタントが、あなたのカナダビザ取得をサポートします。

ここからお申込みください!
お問い合わせはこちら

カナダへの転勤、採用が決まったら

留学生の就学ビザが必要になったら

Follow Us

single