自分でできる!カナダビザ申請の流れが丸分かりのお得なオンラインサポート

自分でできる!カナダビザ申請の流れが丸分かりのお得なオンラインサポート

オンラインサポートを申し込む

604-558-3223 (Ext. 802)

Testimonials

無事に申請を成功させたお客様の声

大手弁護士事務所勤務を含む14年以上の実績からくる経験豊富なサービスと安心感
  • 28ヵ国1,000人以上のお客様をサポートしてきた実績
  • 国際企業転勤者用就労許可証を専門としてきた企業向けのスピードと確実性
  • 移民コンサルタントがいない地域に住んでいるお客様にもインターネットを通してサポート
  • 企業(企業向けの転勤就労許可証専門)と個人のお客様の両方に対応
  • 高い成功率
  • お客様の時間、できる力、ご予算に合わせたタイプ別のお手伝い
  • サンプルレター、申請用紙を見て準備ができる!
  • 移民局のサイトから自分に必要なリンクが分かる!

K. F. さん/カナダ バンクーバー在住
企業内転勤用就労許可証申請

空港で企業内転勤用就労許可証受領 成功レポート

お客様が実際の就労許可証(通称:労働ビザ、ワークパーミット)申請・受領の模様をレポートしてくださいました。

 

上田様

本当にありがとうございます。延長に向けて気を引き締めていきたいと思います。

バンクーバー空港でのワークパーミット申請はカウンター越しに立ち話のみで座らされることはありませんでした。

こんな感じです↓

審査官は5人。全員男性でした。

アプリカント側は私を入れて3-4組で、

私の前は韓国人らしき若い男女4人がStudy Permit をもらってCongratulations!と言われていたようでした。

 

Next, please と私が呼ばれ、

書類を出す前から

 

Work permit? -Yes

Have you worked in Canada? -No

 

と矢継ぎ早に聞かれました。淡々として事務作業という雰囲気です。

 

私が書類の束を机に置くと、

Do you have documents?

と言い、書類を手に取り、Cover Letter の1枚目をざーっと読み始めました。

 

日本会社の基本的なビジネスモデルがピンとこないみたいで、

What do you do? -Study abroad agency.

How does it work? -日本で生徒にカナダの語学学校を紹介する

みたいな質疑がありました。

 

留学ビジネスにfamiliarではないみたいで、さらに

 

You take Japanese students to schools after they come?

Or contact schools before they come?

「生徒が来てから、一緒に語学学校をまわるのか、それとも、来る前に語学学校を決めるのか」という質問もありました。

 

ほとんどは来る前に決まます、と答えたら「ふーん」みたいな感じで、

Company Letter も少し読んでいましたが、あまり長くはなかったように思います。

 

顔を上げ、

Do you have spouse/kids? -Yes

Do they come with you? -Yes

When? -On March.

と家族のことを聞いてきました。この時点でたぶんもう合格だったのだと思います。

 

One year contract? -Yes

 

とだけ聞かれて、

 

Alright, should be OK. (あとは)just paperwork (だけだから待っててね)

 

と言われました。この瞬間に、通ったんだ、と確信しました。

 

==

しばらく座って待ち、バイオメトリックスやるから、と言われました。

私の顔を見て、なんだか申し訳なさそうにその審査官が「which is relatively new」と言いました。

「いやだろうけど、ゴメンね」というニュアンスだったと思います。

カナダ人ってなんかいい人が多いなって思いました(笑)

 

こっちに来て、と案内されました。30メートルくらい左に審査官と一緒に歩き、

マシーンにログインするからここ(↓)で座って待ってて、と言われ、別の審査官と二人で部屋に入っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向こうに人が見えるのが面接した場所です。30mくらい離れています)

 

しばらくすると部屋の中に呼ばれ、私の担当審査官が機械を操作、そしてもう一人の別の審査官がそのマシーンの操作方法を教えているようでした。

 

まずは写真を取るよ、と言われ、機械の前に立ち、前向き、右向き、左向きの順番に撮影しました。

私は全然いやな気持になりませんでしたが、「ごめんね~こんな犯罪者みたいなことさせて」という雰囲気になり、二人はずっとジョークを言って私を和ませようとしていました。

 

次に指紋です。まずは両手の親指を機械のスキャン画面に押し付けます。時間内に、かつ、かなり強く押し付けないと読み取ってくれないので苦労しました。

次に、残りの四本です。スキャン画面にグリグリ押し付けるように左右に動かさないとgo through しないようで、二人の審査官も慣れない機械と格闘していました。

 

==

それが終わると元の席に戻るように指示をされ、しばらく待つと、Work Permit が出来上がっていました。

氏名・生年月日を確認するように言われ、すべて合っています。と答えると、会計に場所に移動するように言われました。

 

 

==

会計の場所は部屋を出てすぐ左。日本のクレジットカードで払いました。

この時に会計担当者に

What do you do ? -Study Abroad Agency

What is your position? – I’m a global CEO

というやり取りがありましたが、面接官でもないのに変なこと聞くなぁ、

合否に関係あったりしないよね、とかなり勘ぐってしまいました。笑

 

==

会計はすぐに終わり、晴れて入国しました。

 

==

というのが面接の一部始終です。ご報告申し上げます。

 

==

ちなみに前はなかったもので、入国審査の手前で、こんなものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

調べてみると、この機械は「Border Xpress」というそうですね。

1-パスポートの写真があるページのスキャン

2-顔写真の撮影

3-税関申告書の入力(しかも日本語!)

かなり便利でした。

 

以上です。

 

 

カナダの空港で就労許可証を申請する方法

Ms. Y.N. / カナダ モントリオール在住
永住権申請(家族クラス)

ファミリースポンサーシップにて永住権の取得

ファミリースポンサーシップにて永住権の取得 – 途中で挫けそうで心折れそうな時も支えてくださりありがとうございました!今回、カナダ人の旦那様と結婚した為ファミリースポンサーシップ(国内申請)にて永住権の取得をする際に上田先生にお手伝いしていただきました。最初は自分で出来そうな手続きだと思っていたのですが大間違いでした。ややこしくて頭を抱えストレスに感じていたところ、上田先生に助けていただきいつも寄り添ってくださいました。質問にはいつも迅速に答えていただき、たまにはプライベートなこともお話ししたり、ビジネス的ではなくいつも本当に優しくしてくださり私の不安を取り除いて下さった上田先生には本当に感謝しております!私達は少しややこしい案件だったのですが上田先生は快く引き受けてくださいました。

上田先生に問い合わせる前に何社か他の事務所にも問い合わせのですが拒否されたので引き受けてくださり本当に有り難かったです。途中で挫けそうで心折れそうな時も支えてくださりありがとうございました!なかなかプロセスが進まない間も時々世間話のようなメールをくださったり、本当に親身にしてくださり、他にこんなに良くしてくれるコンサルタントの先生はいないと思います。次回の永住権更新の際も上田先生にお願いしたいです!

Mr. H. A. / バンクーバー島で麹商品のビジネスを展開中
就労許可書を申請

ワークビザ(就労許可証)が出ました。

やっと。出ました。この報告ができます。(少し報告が遅れましたが、お許しください)2018年2月25日です。申請したのが2017年9月23日、約5ヶ月間の待ちでした。

今回の就労ビザ取得のため、多くの方に協力や励まし、応援を頂き本当にありがとうございました。心より感謝いたします。

移民コンサルタントの上田由美さま、両親、前病院長、多くのソルトスプリング島の友人、そして私を信じてついてきた妻と4人の子供達に感謝いたします。

予想以上(申請当初は4−6週の予定)に結果がでず5ヶ月間待ちました。

そして今週突然「出ました」と結果をもらいました。

改めてここで私たちのこれまでの移住計画をここに書き留めておきます。

長いです5部作です。

序章:概略

1部:移住の理由と日本での準備

2部:就労ビザ申請

4部:医師免許書の書き換えについて

5部;結果待ちと私のこれからの仕事、と目標

どこかで誰か一人でもお参考になれば幸いです。

序章です。

一般的に外国籍の人がカナダで生活するためにはおよそ大きく4種類あります、もちろんいろんなケースがあるのでここの事情は抜きです。

1:カナダ国籍の人と結婚をしてカナダで生活する。(永住権が与えられるので、それで生活する人。周りにはこれが一番多いです。)

2:就労ビザを取得し、生活する。

3:留学ビザを取得し、大学に留学しながら生活する。

4:子供の留学ビザを取得し、付き添いとして生活する。

もちろん正確には他にもいろいろな方法がありますので詳しくは調べてください。

その中で一番よく聞くのは
・ワーキングホリデーで生活し、就職先を見つけ就職しその後永住権申請。

また永住権取得までの一番確実な方法は移民コンサルタントの人の話では
・留学(語学留学も含め)して、大学を卒業し資格を取り、その資格を活かして就職、就職後数年で多くの人は永住権申請。
結局遠周りですが確実です。移民コンサルタントにも勧められる方法です。

永住権申請まで書類
自分で全部することもできます。多くの人は自分で準備したよ。大変だったけどできるよ。などと言われます。

私は・・・とても自分では英語の膨大なペーパーワークはできません。

どうやって永住権まで繋げるか、いろんな移民コンサルタントに聞きました。「カナダで家族で子育てして暮らしたいんですけど・・・」と
多くの人が「現実には難しいですね・・・」と「医者ですか? キャリアが向こうでは使えませんね・・」など。私も結局留学を勧められました。そしたら、奥さんは働けて、子供は学校に行けると。でも自分が大学で勉強して・・・、何年も生活するのは4人の子連れでは現実無理です。
でもどうしても諦められず、最後にたどりついたのが移民コンサルタントのUeda Yumi (YuPass)でした。

そこまでして何故?実際1年経って見て振り返っても、よくわかりません、とにかく、強い衝動、力、自分以上の力が働いていた気がします。

私たちは導かれるように、2017年 4月に家族6人で引っ越してきました。
その理由は長くなるのですが・・・。

それはまるで何か大きな力に導きれるようでした。
一言で言うと「スピリットベアーに呼ばれたから」と自分では納得しています。

ワークビザ(就労許可証)が出ました。

 

バンクーバー島の美味しい麹商品

Cultu-Rice: http://www.cultu-rice.com/

Dr. T.O. / カルガリー大学で訪問研究員として勤務中
就労許可書を申請

完璧な書類で、短時間で全く問題なく就労許可証を取得

私は製薬企業の社員であり、現在はカルガリー大学において訪問研究員として勤務しています。会社として初のカナダへの赴任ということもあり、カナダ就労許可証の申請サポートをYuPassの上田さんに依頼しました。ビザ申請に関して疑問に思っていることを日本語で質問できたこと、また上田さんから迅速かつ丁寧ご回答をいただけたことは非常に助かりました。

実際の申請はカナダに到着後、カルガリー空港にて行いました。上田さんに作成していただいた書類は完璧だったので、短時間で全く問題なく就労許可証を取得することができました。

上田さんは思いやりがあって心優しい方です。現在、私はビザを取得後4ヵ月になりますが、継続してお付き合いさせていただいております。カナダでの生活について相談したり、観光名所について教えていただいたりしています。到着時は日本とカナダの違いについて戸惑うことも多く、生活基盤を作るのに苦労していたので、本当に助かりました。ビザ申請とは全く関係ないにも関わらず、上田さんは何事にも全力で力になっていただけるので、本当に感謝しています。今後とも、よろしくお願いいたします。

知人に就労許可証申請が必要な人がいる場合は、上田さんを紹介したいと思います。自信をもっておすすめします。

M.O.さん/カナダ バンクーバー在住 
永住権申請 (DIYコース選択)

私のミスをしっかりカバーしてもらい、永住権取得ができました!

私はゆみさんに永住権取得の手続きを手伝っていただきました。

はじめCoop Work Permitをしてもらった弁護士に永住権も頼もうと思っていたのですが、Labour Market Impact Assessment更新の際、簡単なはずの手続きに間違った情報と金額を請求されたため、自分でギリギリにLMIAとWork Permitを更新しました。その経験から自分で調べてやった方が誰かを信頼しきって失敗するよりよいという思いに至りました。しかし同時に1つのミスも許されないので永住権申請を誰かに確認してもらえたら心強いと思っていたところゆみさんのYuPassを発見しました。

日本人だから分からないところをもっと明確に日本語で質問でき答えてくれるというのも選んだ大きな理由です。

ゆみさんは質問のメールを送るとすぐに返事をくれ、丁寧に資料をチェックしてくれたのでとてもありがたく、信頼することができました。永住権申請 の手続きは決して難しくはないと思うのですが、沢山の資料を要求され期限内に提出しなければならないので一人ではとてもストレスでした。また私の性格上焦るとミスを多くするのでゆみさんがしっかりと確認してくれたことで沢山救われました。

改めてありがとうございました!

K.C.さん/カナダ バンクーバー在住
就労許可書を申請

良心的な費用体系と的確なアドバイス。困っていたところにまさに救世主でした!

Co-opビザでインターンとしてお世話になった会社からオファーをいただき、その会社とともに就労ビザの申請を行う事になりました。しかしどう始めていいのか、何をしていいのか、自分で調べてみても正解が分からず時間をとられるばかりで、とても困っていました。何人かの移民コンサルタントさんを人づてに紹介してもらいましたが、費用が高かったり、コミュニケーションが取りにくかったりして、途方に暮れていたときに、YuPass Canadaさんのサービスに出会いました。この「自分でビザ申請の仕方を学ぶ」ことで費用を抑える方法は本当に理にかなっていて、まさにカナダで頑張る人をサポートしたいというゆみさんの気持ちが現れた画期的なプログラムだと思います。コンサルティングでは、実際に書類を作成している最中に細かい所で分からないところがでてきたり、迷った時など、メールやスカイプなどで様々なアドバイスをくださいました。また私の目標を聞いて心から応援してくだり、それがとても心強く、大変な書類作りも乗り越えられました。ゆみさんとの出会いはまさに救世主との遭遇のようでした!(笑)ぜひ次の永住権取得の際もYuPass Canadaのゆみさんのお力をお借りたいと思います。

E.E さん/カナダ バンクーバー在住
就労許可書・永住権を申請

知識や経験の面でもとても頼りになるだけでなく、本当に親身になってサポートいただきました。

今回就労許可書申請と、そこから続いての永住権申請をYuPass Canadaのゆみさんに手伝っていただきました。サポートしてもらった会社と一緒に自分なりにいろいろ調べたものの、何をまず用意したらいいのか、どのWEBサイトのどこから申請するのかなどよくわからずで、期限も迫っていたところでゆみさんに助けてもらいました。ゆみさんに頼んでよかったと思える一番の理由は、何と言ってもゆみさんが本当に親身になってくれるところです。忘れられないのが、最初にゆみさんから「Eさんの永住権がとれたあとの目標や夢は何ですか?」と聞かれました。「EさんのPR申請の目標を知って応援できると、私も書類作成やレビューのモチベーションになるので」と言われたのです。移民コンサルタントさんがそんなことを言ってくれるのか、と驚きました。(ゆみさんの前にいろんな移民弁護士やコンサルタントの方を数人あたりましたがそんな人はいません。)
作成した書類のレビューも細かいところまで見てくれますし、少しでも移民局の動きに変更があったり、私に他の選択肢が出てくればすぐ教えてくれるので知識や経験の面でももちろんとても頼りになります。ご自身の苦労された経験を元にこのサービスを行っているからこその対応なのだと思います。日本人に限らず、全てのビザ・移民申請で困っている人におすすめします。

Hanae I.さん/アメリカ在住
カナダ国外よりPRカード延長を申請

きめ細かいアドバイス、説得力のある申請書で無事PRカードを更新できました

私は今まで基本的に移民関係の申請書類は自力で作成し申請をしておりましたが、前回PRカード申請時にトラブルが起き、カード受け取りに非常に長い期間を要したこと、また今回、カナダ国外在住の為、自分が果たして申請要項をクリアしているかが分らなかった為、ゆみさんのサービスを利用させていただきました。

ゆみさんのサービスはとても親切・丁寧かつ迅速で、安心してお任せすることができました。まずは申請要項をクリアしているのかどうかを精査してくださり、要項はクリアしているとのことでその証拠を確実なものにするためにきめ細かいアドバイスをいただき、説得力のあるカバーレターと共に申請書を作成してくださいました。不安なこと、疑問なことなどを質問した際にはすぐにお返事をくださり、また進捗状況等もまめにアップデートしてくださるので、申請中ストレスを感じることはゼロでした。また今まで数々の申請を経験なされてるので、申請時に起こりうるトラブル等も予測してくださり、それを防止するためのアドバイスもいただきました。

お陰様でPRカードを更新することができ、ゆみさんにお願いをしてよかったと思っております。 次回更新時もまた ゆみさんにお願いさせていただけたらと思っております。 ありがとうございました。

お客様1,000人以上のビザ申請をお手伝いしてきた、カナダ政府公認移民コンサルタントが、あなたのカナダビザ取得をサポートします。

ここからお申込みください!
お問い合わせはこちら

社員転勤、採用に伴うビザコスト削減のご提案

留学の手続きをする費用に問題意識を感じている場合はこちらをご覧ください

Follow Us

page-testimonials