自分でできる!カナダビザ申請の流れが丸分かりのお得なオンラインサポート

自分でできる!カナダビザ申請の流れが丸分かりのお得なオンラインサポート

オンラインサポートを申し込む

604-558-3223 (Ext. 802)

BLOG

カナダ移民局IRCC 2016年度末 Express Entry 報告書 – 永住権申請への招待者の多様化

2017年4月14日、カナダ移民局(Immigration, Refugees and Citizenship Canada “IRCC”)は、2016年のExpress Entry年度末報告書を発表しました。この報告書によると、2015年に比べて2016年はより多くのカナダ国外に住むより多くの候補者へ永住権を申請できるチャンスを与えています。

Express Entryは、特定の経済プログラムのためのカナダの永住権申請管理システムです。 IRCCが作成したこちらの動画は、Express Entryについて簡単に説明しています。

https://www.youtube.com/watch?v=y5ftuVERusg
* 永住権申請への招待(Invitation to Apply “ITA”)を受けってから永住権申請をするのは60日内から90日以内に延びました。

これまでに2017年にITAを受け取った候補者の数は2016年一年間に比べて多くなっています。この間、Express Entryで最低合格点である総合ランキングシステム(CRS)のボーダーラインは低得点を続け、4月19日には415、5月4日には423を記録しました。

2017年初めからのExpress Entry合格最低点

468 – January 4, 2017
459 – January 11, 2017
453 – January 25, 2017
447 – February 8, 2017
441 – February 22, 2017
434 – March 1, 2017
441 – March 24, 2017
431 – April 5, 2017
421 – April 12, 2017
415 – April 19, 2017
423 –  May 4, 2017

経済移民プログラムは高度の技術職向けに作られているため、すべてのジョブオファーは職業分類(National Occupational Classification “NOC”)で定義されている専門職または熟練工のために設定されています。 2016年11月19日以前は、Express Entryシステム下ですべてのジョブオファーに600ポイントの追加ポイントが与えられました。

2016年11月19日にルールの変更があり、Labour Market Impact Assessment (“LMIA”)でジョブオファーをサポートされている候補者は、NOC 0、AまたはBの職種で50ポイント、NOC 00(シニアマネージャー)には200ポイントが追加されるようになりました。ジョブオファーへのポイントを引き下げることで、カナダ経済をサポートする技術と経験を持つカナダ国内に限らずさらに多くの候補者を永住権申請に招待することができます。州推薦プログラムでサポートされているジョブオファーは、依然として600ポイント追加されます。

カナダ国外の候補者への永住権申請への招待が増加

カナダ国内には、カナダに引き続き住むすることを希望する外国人雇用者が多いため、永住権申請に招待された候補者の間ではカナダ居住者の数が多数を占めます。 2015年には、ITAをもらた候補者の78%がカナダの居住者でした。これは2016年に69%に減少しました。

招待者の69%を占めるカナダ居住者のほかは、インド、アメリカ、中国、アラブ首長国連邦、ナイジェリア、英国、フィリピン、パキスタン、南アフリカがトップ10の居住国であり、招待された候補者の90%を占めています。
IRCCは、Express Entryの合格最低点ががさらに低下するにつれ、永住権申請招待者の居住国は、2017年を通じて多様化を示す能性が高いと報告しています。

より高度の技術職が永住権申請に招待

2016年11月のCRSルールのに変更が導入された背景には、より高度に技術職がITAを受けることを可能にするためということがあります。2015年の31,000件と比較して、2016年には約34,000件にExpress Entryを通して永住権申請への招待がされました。Express Entryの開始以来、合計43,202人(申請者とその家族)が永住者としてカナダに入国しました。

申請者の多くは科学技術、工学、数学の分野の学歴のある高度技術者です。これらの永住者の上位10職種には、ソフトウェアおよびコンピュータエンジニアリング分野が含まれていました。2016年には、IT分野で働く候補者が招待候補者の中で最大のグループでしが、トップ10には、シェフ、食品サービススーパーバイザー、小売販売スーパーバイザーも含まれていました。

減少するジョブオファーがある候補者

ジョブオファーがあってITAを受け取る候補者が減少しています。その結果、2016年11月にルールが変更された後、ジョブオファーのない候補者が永住権申請へ招待させています。

州推薦者プログラム( Provincial Nominee Program “PNP”)は、ITAをもらうための強い味方

候補者のCRSポイントは2つの部分に分かれています。候補者の「中心となる」ポイントは、最大600ポイントに達することができます。中心となるポイントには年齢、学籍、公用語、職歴の組み合わせに基づいています。PNPを通してジョブオファーがある場合には、600ポイントが追加されます。その他カナダでの高校後の教育を受けている場合にもポイントの加算があります。中心となるポイントと追加ポイントを合わせて最大1,200ポイントとなります。州推薦プログラムベースのジョブオファーがある候補者には、追加600ポイントが与えられ、強みになりますが、カナダの永住権申請の招待を受け取るために州推薦プログラムが必ず必要というわけではありません。

2015年と2016年に招待された候補者のほとんどは、州推薦プログラムのサポートなしでITAを受けとっています。

カナダでの学歴

2016年11月19日以降、カナダで高等学校後の教育を受けてCRSポイントが付与されています。例えばカナダでの1年~2年の学歴には15ポイント、3年以上もしくは1年以上の修士号、博士号には30ポイントが追加されます。
カナダで勉強をしたExpress Entryの候補者はの社会に適応し、人間関係を確立し、カナダでの生活にはすでに慣れているのが強みです。

201766日以降、フランス語と、カナダに兄弟姉妹を持つ候補者には追加ポイント

6月6日からは、フランス語力の強い候補者とカナダで兄弟姉妹候補者に追加ポイントが与えら、 これまで必須だったJob Bankへの登録が、選択できるようになります。

Express Entryのポイントを上げるには?

永住権申請へ招待されやすくなるために、プロフィールを更新することができます。追加ポイントを取得するには、カナダでのジョブオファー、カナダでの学歴のステップアップなどが挙げられます。カナダ国外にいる候補者は、教育資格評価 (Educational Credential Assessment)の取得、語学力アップ、第二外国語アップ(英語またはフランス語)、配偶者の学歴と語学力に関する情報を提供することによってポイントをさらに高めることができます。

Express Entryのポイントを計算する方法は

ポイントを計算するには、このツールを使用してください。

http://www.cic.gc.ca/english/immigrate/skilled/crs-tool.asp

合格最低点がさらに低くなる可能性があることを考慮すると、あなたのポイントが約400以上あった場合、Express Entryへの登録をお勧めしています。合格点が下がるのを待って、永住権申請に招待することもできます。いったん登録をするとプロフィールはExpress Entry システムの中に一年間保管されます。
合格最低点がさらに低くなっていることから、より様々なバックグラウンドを持つ候補者が永住権申請書をする機会を得ています。この傾向は2017年を通して続く可能性が高く予測です。カナダに移住することを考えている方は、Express Entryプロフィールを作成するこお勧めします。
400ポイント以上の点数が見込める場合には以下の書類ととも弊社までご連絡ください。

  • パスポートのコピー(顔写真のページ)
  • 履歴書
  • IELTSの英語試験(General Training)とTEF(フランス語を話す場合)の結果
  • Educational Credential Assessment by World Education Services

お客様1,000人以上のビザ申請をお手伝いしてきた、カナダ政府公認移民コンサルタントが、あなたのカナダビザ取得をサポートします。

ここからお申込みください!
お問い合わせはこちら

社員転勤、採用に伴うビザコスト削減のご提案

留学の手続きをする費用に問題意識を感じている場合はこちらをご覧ください

Follow Us

single